ホーム > 当協会について > 組織・会員構成

協会について組織・会員構成

日本下水道協会の組織は下水道事業の変遷や公益法人への移行等にあわせて、組織の見直しを進めています。

現在は、会長及び副会長等のもと、事務局組織としては3部9課、7地区事務所体制で事業を進めています。また、7つの地方下水道協会、都府県協会・北海道地方下水道協会内の地区支部と連携協力しながら、本協会の事業を推進しています。

会員構成・名簿

正会員 1種正会員 下水協事業を実施、計画中の地方公共団体
2種正会員 国または地方公共団体の支出等を受け下水道に関する業務を行う法人(公団、公社等)
賛助会員 下水道事業に密接な関係があり、本協会の目的達成に賛助協力するもの(下水道関連メーカー、コンサルタント等)特別会員下水道事業の経営または下水道の技術に関心を有する個人
準会員 下水道事業の計画策定に未着手の地方公共団体
ページトップへ