「地域の視点に立った下水道事業の推進についての提言」の決議と民主党幹事長室(副幹事長・吉田おさむ衆議院議員)との面談について(10.06.30)

平成22年6月30日開催の第47回日本下水道協会通常総会において「地域の視点に立った下水道事業の推進についての提言」を決議しました。当日、民主党副幹事長吉田おさむ衆議院議員に対し当協会の倉田薫会長(池田市長)、小城利重常任理事(斑鳩町長)、原正夫理事(郡山市長)が面談し、その内容について説明しました。
提言は以下のとおりです。

地域の視点に立った下水道事業の推進についての提言 PDF

民主党幹事長室(副幹事長・吉田おさむ衆議院議員)との面談(地域の視点に立った下水道事業の推進についての提言)について ①第47回通常総会風景
第47回通常総会で提言を決議

 

民主党幹事長室(副幹事長・吉田おさむ衆議院議員)との面談(地域の視点に立った下水道事業の推進についての提言)について ②面談風景
民主党本部にて提言説明
(左から、小城利重常任理事(斑鳩町長)、民主党副幹事長吉田おさむ衆議院議員、
倉田薫会長(池田市長)、原正夫理事(郡山市長))
ご覧頂くには、Adobe Reader が必要です。インストールされていない場合は、こちらからダウンロードしてください。
PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要です。
インストールされていない場合は、こちらからダウンロードしてください。