下水道施設耐震計算例-管路施設編-2015年版(後編)

※各発行図書の詳細は、題名をクリックすると見ることができます。
※正会員・準会員、賛助会員、特別会員のかたは会員価格となります。
000は図書番号です。

発行図書のトップへ戻るお申し込みはこちら

図書
図書番号 分類 書名 価格 発行年
543 技術・指針 下水道施設耐震計算例-管路施設編-2015年版(後編)
価格12,600円
会員価格6,300円
2015年
07月

本書は、平成26年に発刊された,「下水道施設の耐震対策指針と解説 -2014年版-」を補完する役割として詳細な計算方法等を掲載した図書です。

「下水道施設耐震計算例 -管路施設編 2015年版-」の主な改定点は,

(1)新たにポリエチレン管,ミニシールド管きょ,開きょの計算例を追加しました。

(2)耐震指針2014年版に沿って周面せん断力や地盤反力係数の変更を考慮した地震外力の算出方法を修正しました。

(3)鉄筋コンクリート管における構造物の靱性を考慮した照査方法を掲載しました。

(4)既存管路施設(マンホール・管きょ)の浮上検討例を追加しました。

などです。

「下水道施設耐震計算例 -処理場・ポンプ場編 2015年版-」の主な改定点は、

(1)既存施設を対象にした非線形解析による耐震性能2´の計算例を追加しました。

(2)耐津波対策の計算例を追加しました。

などです。