ホーム > 下水道について > 下水道の歴史

下水道について下水道の歴史

 

世 界 日 本
メソポタミア文明が栄えた都市(ウル、バビロンなど)に下水道が作られる BC5000頃

インダス文明が栄えた古代インドの都市モヘンジョ・ダロに下水道が作られる

(株)松井三郎環境設計事務所提供
BC2000頃

古代ローマで下水道(クロアカ・マキシマ)が作られる BC600頃

古墳時代 屋根からの雨水を受ける溝が作られる
藤原京時代
(694年頃)
道路の両側に溝が設けられる(溝が下水道の役割を果たしていた)
奈良時代
(710年頃)
平城京(奈良時代の日本の首都)に下水きょ(排水溝)が作られる
平安時代
(794年頃)
和歌山県の高野山に日本式水洗便所ができる
ヨーロッパでペストが流行し、多くの死者が出る 1350年

1583年 大坂に太閤下水(背割下水)が作られる

大阪市建設局提供
1648年 街に下水道(開渠)が張りめぐらされ、たくさんの堀を通じて川に下水を流す
ベルサイユ宮殿に最初の水洗トイレが設置される 1728年

フランスのパリに下水道が作られる 1730年

フランスのパリに環状大下水道ができる 1740年

ロンドンでコレラが流行し、多くの死者が出る
ドイツのハンブルクに下水道が作られる
1848年

アメリカのシカゴに下水道が作られる 1858年

イギリスのロンドンに下水道が作られる 1863年

1869年 横浜の外国人居留地に陶管製の下水道(暗渠)が作られる
1879年 日本でコレラが流行し、多くの死者が出る
1884年 神田(東京)に近代下水道が作られる

東京都下水道局提供
1900年 旧下水道法が制定される
イギリスに活性汚泥法を用いた下水処理場が作られる 1914年

1922年 日本で初めての下水処理場、東京三河島汚水処分場が作られる

東京都下水道局提供
1930年 愛知県名古屋市で、日本で初めての活性汚泥法による下水処理が始まる

名古屋市上下水道局提供
1950年代
~70年代
日本の産業が盛んになるとともに、公害が起こり各地の川や海が汚れていく
1958年 現行下水道法が制定される
1967年 公害対策基本法が制定される
1970年 水質汚濁防止法が制定される
ページトップへ