ホーム > 最新情報一覧 > シンポジウム:2050年 カーボンニュートラル実現に向けた下水道の挑戦【会場参加、ライブ配信参加募集中・無償開催】

最新情報最新情報

公開日:2021.07.21
 

シンポジウム:2050年 カーボンニュートラル実現に向けた下水道の挑戦【会場参加、ライブ配信参加募集中・無償開催】

申込フォームはこちら

【開催概要】
 2020年10月に「2050年カーボンニュートラルの実現」が国からの施策として打ち出され、地方公共団体においても「2050年実質排出ゼロ宣言」を公表する動きが加速しています。 このような中、全国下水処理場における温室効果ガス排出量(CO2換算)は国全体の約0.5%でありますが、地方公共団体によっては10%以上を占めているケースもあり下水道事業からの排出量は多く、責任は重いものとなっています。このため高効率機器など省エネ設備への転換や、下水熱や消化ガス等による創エネによりCO2削減に取組んできましたが、現時点での取組みでは十分とは言えない状況でもあります。このため下水道事業においては、これらの対応をさらに加速させ、あらゆる技術と政策を総動員することが求められています。                                                     
これを受け、本シンポジウムでは下記のポイントをコンセプトとして開催を行います。           

①カーボンニュートラルに取り組む異業種の団体にも参画いただき、地方公共団体等の課題や先進事例の紹介                                                 ②カーボンニュートラル達成と地域の成長に向けた産・官・学連携に向けての方策         
③演者並びに会場も含めた意見交換による下水道事業の進むべき方向性の議論
 なお、直接会場にお越しできない方のために、ライブ配信を合わせて実施いたします。
日程表はこちらからダウンロードください。

1.主  催:公益社団法人日本下水道協会、大阪市

2.開催期間・会場 :8月19日(木)14:00~17:10
         ATC(大阪府大阪市住之江区南湊北2-1-10)O‘s 南棟 6B9会議室 
         アクセス(ATCのHPが開きます。)

3.受講対象:正会員(地方公共団体、公社)、賛助会員(会社)の所属職員及び非会員(学生及びその他一般)

4.申込人数:会場参加先着40名、ライブ配信参加先着500名。(Zoomを使用予定)参加費無償
     ※ライブ配信出席者の質問については、後日主な内容を集約し、HPに掲載する予定です。

5.申込期限:令和3年8月11日(水)まで
     注)申込期限以前でも定員を超えた場合には、ご参加をお断りする場合がございます。その際には、本会から申込者に事前にご連絡いたします。

6.申込方法:こちらから申込フォームに入力ください。
     注)入力フォームに入力できない場合は、FAX申込表から申込ください。

7.問い合わせ先:公益社団法人 日本下水道協会 技術研究部 技術指針課
        TEL:03-6206-0369 FAX03-6206-0796 e-mailshishin@ngsk.or.jp
        担当:前田、本田、井澤

ページトップへ