ホーム > 最新情報一覧 > 「管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン-2017年版-」の管きょ更生工事の施工管理に関する資格の取扱いについて

最新情報最新情報

公開日:2018.03.30
 

「管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン-2017年版-」の管きょ更生工事の施工管理に関する資格の取扱いについて

下水道協会では、平成29年7月に「管路更生工法ガイドライン2017年版」(以下ガイドラインという)を発刊しました。
 
ガイドラインでは、管きょ更生工法の品質確保を図るため、更生工法が主体の工事においては、主任技術者及び監理技術者は、【管きょ更生工法の現場の施工条件への適合に関する知識】、【管きょ更生工事に関する施工管理や安全管理に関する能力】などの知識や能力を備えた技術者の配置が重要であること、業務発注の際には、管きょ更生工事の施工管理に関する資格の適宜活用等による品質確保に努めること、当該資格は【中立性・公平性】をもって行われる試験により付与されるものであること等が述べられるとともに、以下の2つの資格が例示されています。
 
管きょ更生工事の施工管理に関する資格の例
・下水道管路更生管理技士(一般社団法人 日本管路更生工法品質確保協会)
・下水道管路管理専門技士(修繕・改築部門)(公益社団法人 日本下水道管路管理業協会)
 
今回、下記資格についても、これらの条件を満足することが確認できましたのでお知らせします。
 
・下水道管きょ更生施工管理技士(一般社団法人 日本管更生技術協会)

ページトップへ