ホーム > 当協会について > 入会案内

協会について入会案内

日本下水道協会は、下水道整備に熱心な市長さんたちの強い要望と行動力により昭和39年に設立され、下水道事業の円滑な運営に資する技術及び経営情報の提供等、様々な事業を実施しています。
 
今後とも下水道協会の活動にご理解ご協力をお願い申し上げます。
 

会員区分

 

正会員 1種正会員 下水道事業を実施、計画中の地方公共団体
2種正会員 国または地方公共団体の支出等を受け下水道に関する業務を行う法人(公団、公社等)
準会員 下水道事業の計画策定に未着手の地方公共団体
賛助会員 下水道事業に密接な関係があり、本協会の目的達成に賛助協力するもの(下水道関連メーカー、コンサルタント等)
特別会員 下水道事業の経営または下水道の技術に関心を有する個人

 
 

会員のメリット

メリット1 各種研修・講習会や
研究発表会へ会員価格で参加
下水道協会では、より質の高い下水道の知識・技術の向上を目的に様々な研修・講習会に加え、下水道界最大の研究発表・情報交換の場である下水道研究発表会を開催しています。いずれも会員価格にてご参加できます。
メリット2 会員専用ページの利用 下水道業務を支援する会員専用のページを自由に閲覧できます。下水道協会誌のバックナンバーをはじめ、下水道の経営や技術に関するQ&A、下水道関係判例データベース等、会員限定の様々なコンテンツが閲覧できます。
メリット3 下水道の最新情報がわかる学術専門誌のお届け 我が国の下水道に係る代表的な学術専門誌として広く読まれている「下水道協会誌」と、下水汚泥の有効活用を積極的に促進するための機関誌「再生と利用」をお届けします。
メリット4 下水道賠償責任保険制度への任意加入
(地方公共団体のみ)
地方公共団体が管理する下水道施設の管理に起因する事故に備えて、法律上負担しなければならない損害賠償責任が補償される保険制度を運営しています。
メリット5 各種無料相談サービス
(地方公共団体のみ)
地方公営企業法の法適化移行手続きや予算・決算の作成の仕方、下水道法や標準下水道条例の法解釈等、経営や法律に対する地方公共団体の様々な疑問に対し、地方公共団体の監査を専門に手がけている公認会計士や下水道事業に明るい弁護士による相談が無料で受けられます。

 
 

会費

正会員・賛助会員:会費については総務課にお問合せください。

特別会員:    入会金:1,000円+年会費:12,000円
※外国在住の方は、上記金額の他、会誌郵送料として年額4,680円かかります。
 
 

入会申し込み

入会を希望される場合は、以下の手順にてお申し込みください。


 

正会員・賛助会員 申込手順

 

特別会員 申込手順

 
 

会員情報の変更

会員情報(住所、電話番号等)を変更する際は、本会総務部総務課までメールまたはお電話にてご連絡ください。

公益社団法人日本下水道協会 総務部総務課
TEL:03-6206-0260

ページトップへ