ホーム > 下水道について > 下水道の役割

下水道について下水道の役割

 

普段は目にすることのない下水道。
でも、下水道は見えないところで私たちの安全・安心で、快適な生活を支えています。

街を清潔
にする

家庭から排出された汚れた水を速やかに排除し、処理します。

街を浸水
から守る

街が水浸しにならないように、市街地に降った雨を集めて川や海に流します。

身近な
環境を守る

汚れた水をきれいにして川や海に流します。

資源・
エネルギー
を創る

下水を処理した過程で発生した汚泥から資源やエネルギーを創りだします。

 
 

役割 1
街を清潔にする

私たちが家庭で使って汚れた水(汚水)は、家の下にある排水管を通って下水道管に流れていき、下水処理場に運ばれていきます。
汚水をすみやかに排除してくれる下水道。下水道が整備されることで汚水が直接街に流れなくなるため、街が清潔に保たれ、ハエ・蚊等の害虫や悪臭の発生も防ぐことができます。

排水口

お風呂場やキッチンの流しなどにある排水のための穴

排水管

建物や敷地内で、汚れた水や雨水などを排除するための管

汚水ます

住宅内から出る汚れた水(汚水)を下水道管に流すために設置するます

雨水ます

降った雨(雨水)を下水道管に流すために設置するます

マンホール

下水道管の点検や掃除をする時に、人や機械が出入りするための施設。地上に見えているものはマンホールの蓋にあたる。

下水道管

汚れた水や雨水を集めて下水処理場や放流先まで導くための管

 
 

役割 2
街を浸水から守る

近年、雨の降り方が変わってきています。1時間50mmを超える集中豪雨の年間発生数がここ数年増えてきているほか、短時間で局地的に大量の雨が降る「ゲリラ豪雨」の発生件数も年々増えています。
市街地の雨をすみやかに排除し、私たちの暮らしを守ることも下水道の大きな役割。街に雨水が溜まり水浸しにならないよう、素早く排水してくれているのです。

雨水浸透ます

雨水を地面に浸透させるための設備

雨水貯留
タンク

屋根に降った雨を雨どいから集めて貯めておくためのタンク

雨水ます

降った雨(雨水)を下水道管に流すために設置するます

下水道管
(雨水管)

雨水を集めて下水処理場や放流先まで導くための管。汚水と雨水を別々に流す分流式下水道の場合は、雨水をそのまま川や海に流す。

雨水貯留
浸透施設

敷地内に降った雨を一時的に貯めておく施設

 
 

役割 3
身近な環境を守る

街や工場から下水道管を通って流れてきた汚水は下水処理場に運ばれます。
下水処理場でさまざまな処理を行いきれいになった水は、消毒して川や海に戻します。。

沈砂池

大きなごみや石、砂などを沈ませて取り除く設備

最初沈澱池

水をゆっくり流して小さな汚れを沈める設備

反応槽
(反応タンク)

活性汚泥(微生物の固まり)の働きを利用して水をきれいにする設備

最終沈澱池

反応槽できれいにした水をゆっくり流し、活性汚泥を沈ませる設備

消毒設備

最終沈澱池から流れてきた水を消毒する設備

 
 

役割 4
エネルギー・資源を創る

下水処理場では、汚水をきれいに処理するだけでなく、下水処理場できれいになった水を再生水として利用したり、下水処理の過程で発生したバイオガスを自動車燃料や都市ガスとして利用したり、下水汚泥からリンを回収して肥料を作ったり等、エネルギー・資源を創りだしています。

バイオガス
メタンガス

下水汚泥からできるバイオガスは、ガス発電や天然ガス自動車の燃料として利用されています

火力発電

下水汚泥からできる固形燃料が、石炭にかわる燃料として利用されています

肥料
(リン)

下水汚泥から農作物の肥料が作られます

燃料電池
自動車

バイオガスから水素を作り、燃料電池自動車の燃料にしています

再生水の利用

下水処理場できれいになった水は、「再生水」として、トイレや公園、せせらぎ用水などいろいろなところで使われています

下水熱の利用

下水の温度を利用して、水や空気を暖めています

ビストロ
下水道

下水処理場で発生した資源やエネルギーを活用して農作物を作る取組みをビストロ下水道といいます

ページトップへ