ホーム > 事業内容 > 下水道の経営に関する調査研究事業 > 排水設備工事責任技術者試験 試験問題の形式について

排水設備工事責任技術者試験 試験問題の形式について

日本下水道協会では、全47都道府県の試験実施機関で実施する排水設備工事責任技術者試験の試験問題を提供しております。
 
 
提供する試験問題の形式は、次のとおりになります。
 
(1)試験問題は、地域性を排除した全国共通的な内容です。
(2)試験問題の出題範囲は、下水道法令及び「下水道排水設備指針と解説」の項目です。
(3)試験問題の出題設問数は、30問です。
(4)試験問題の出題形式は、択一式、穴埋め式、○×式を組み合わせたものです。
(5)試験問題の解答方式は、マークシート方式です。
(6)試験問題の満点は、100点です。(法令:30点、技術:70点)
(7)試験問題の合格基準は、総得点70点以上かつ法令・技術の各区分の得点率が50%以上の者です。
 
※ 試験実施日程等の詳細については、各都道府県の試験実施機関にお問い合わせください。
 
 

【参考図書】(日本下水道協会発行)

○ 排水設備工事責任技術者講習会用テキスト
○ 排水設備工事責任技術者試験標準問題集
※購入に当たっては、当会のホームページ「図書の購入」をご確認ください。
 
資料1 排水設備工事責任技術者試験 試験問題の形式について
資料2 試験問題例
 
 

問合せ先

公益社団法人 日本下水道協会
企画調査部 経営調査課
TEL: 03(6206)0279

ページトップへ